これからの企業について

これからの企業について

2020年の4月からパワハラに対して大企業は防止措置をしなくてはいけなくなります。

また中小企業については相談窓口が設置されるのが義務付けられるようになります。

今パワハラは注目されており、大企業パワハラは少ないかもしれません。

しかし、

私は中小企業においては暴力など明らかなパワハラをする企業は多く存在していると思います。

私自身以前勤めていた、アルバイトをしていたある企業(詳細は書けませんmm)では普通に腹パンチがあったり胸ぐらを掴んで殴られそうになり、土下座をさせられて。

硬い物を頭に投げつけられたり。そんなことがかなり日常茶飯事でした。
そのような環境では部下は怒られたく無いからやるという行動しか生まれませんよね。

かといって指導をしたらなんでもパワハラだといって文句をいう部下もいるというのも耳にしたことがあります。

どこまでがパワハラでどこまでが指導なのか?
基準が定められていても受けた人がパワハラと感じてしまったらパワハラとなってしまいます。

そのためには上司が一人一人の考えを理解し向き合って話す機会をもうけなくてはいけません。

 

管理職と若手社員との考えの違い

そもそも上司(管理職)と若手社員の場合は時代の背景により教育を受けてきた環境が違うため考えが違っているのです。

管理職

年功序列の仕組みの中で、トップダウン型、気合と根性型、ノミニケーション型の教育を受けてきている

若手社員

ゆとり教育などで成長してきた人たちであるため、個性を尊重し、ひとりひとりが自由な生き方をしていく中で自己実現をもとめている

考えの違いを埋めるには

相手の「価値観」や「夢」を明確にさせることが必要です。

そのために最近大手企業では1on1を採用しているところも多いようです。

上司、部下がお互いの考え、価値観を理解し相互で信頼関係を作ることが必要とされています。

 

そこで役に立つのがコーチングです。

コーチングが機能する4つの要素を用いてコーチングを行うことにより

上司、部下共に理解が生まれパワハラによる上司と部下の違いによるトラブルを防ぐことができるのです。

 

スキルより大事な4つの要素

最近はコーチングは多くの企業が導入されています。

しかし機能していないという言葉も耳にします。

 

その原因は言葉のスキルだけを学んでいるからです。

コーチングが機能するには「4つの要素が必要です。」

 

一つはもちろんコーチングの言葉のスキルがありますが、

上司、部下との間に

「信頼関係」が無いと成り立ちません。

例えば部下と一切挨拶をしない上司。

仕事以外の会話は部下と一切交わさない上司。

 

そのような上司がいきなりコーチングで質問をしてきて部下は話せるのか?

ということなのです。

さらにコーチとしてのマインド

「コーチングマインド」

も必要です。

 

これはクライアントを応援する気持ち

クライアントが主役である気持ち

クライアントの中に答えがあるという気持ちです。

 

このコーチングマインドが無いとコーチングのスキルを使っても

部下は話そうという気持ちになりません。

質問をするのがコーチングでしょ?

という考えの上司がコーチングがうまくいっていないケースが多く

 

この質問が部下に圧力を与え圧迫面接のようになり

パワハラと感じてしまうケースもあります。

 

私自身言葉のスキルだけを学んだ上司から間違ったコーチングを受け

質問ではなく「詰問」をされ非常に苦しかった経験があります。

部下を育てるということでコーチングをしたものの、言葉のスキルだけを使ったために

コーチングがパワハラと捉えられかねないのです。

 

そしてもう一つが自己基盤です。

これは人間力です。

自分自身のこと長所、短所を含め自分を理解していること。

自分自身に対して肯定定期な考えを持っていること。

模範となる行動をしていること。

これらがあげられます。

スキル、信頼関係、コーチングマインド、自己基盤

これらの4つの要素が成り立ってコーチングは成り立ちます。

4つの要素をしっかり理解し、上司と部下がお互い信頼し合えば

パワハラのトラブルになることはありませんね。

 

まとめ

 

2020年の4月からパワハラに対して大企業は防止措置をしなくてはいけなくなります。

また中小企業については相談窓口が設置されるのが義務付けられます。

パワハラには上司部下の考え方の違いにより起こることが多いと考えられます。

そのためにコーチングが注目されていますが、機能していないケースがよく見られます。

コーチングをするためには4つの要素が必要になります。

スキル、信頼関係、コーチングマインド、自己基盤です。

 

4つの要素を理解しコーチングを行いお互い信頼しあえるような関係にすれば

パワハラのトラブルになることはありません。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です