成功するから幸せになるのではなく、幸せだから成功するのです。

成功すれば幸せになるは本当か?

一般的によく聞く話で

成功して幸せになりたい!

という言葉をよく耳にします。

 

しかし実はそれらは間違いなのです。

成功するから幸せになるのではなく、

幸せだから成功するのです。

何故ならば、人は幸せを感じると頭の働きが良くなり、

やる気が湧いてきて物事が良い方向に向かうことが

明らかになっているのです。

 

こんな調査結果もあります。

①ある企業で272人の社員の業績を18ヶ月追跡調査したところ、

幸福感の高い人の方が低い人よりも、評価・給与共に高かった

(Staw,Sutton & Pelled 1994)

 

②ある修道院で180人の修道女が50年以上にわたって

書き続けた日記を分析したところ、

20歳当時に前向きな記述を多くしていた修道女は、

そうでない修道女より長生きした

(Danner,Snowdon,&Friesen,2001)

(①、②共にポジティブ心理学 成瀬まゆみ から引用)

 

つまり、まず幸福感を持ち、日々の生活で

「幸せである」

ということを実感すれば、

成功することができるということです。

 

ではどのようにして日々の生活で

「幸せである」

と実感すれば良いか次に述べていきたいと思います。

 

幸せには大きく分けて2種類ある

幸せには大きく分けて2種類あります。

一つは快楽として感じる幸せです。

例えば、

・ブランド品のバックがどうしても欲しくてようやく手に入れることができた時

・行列のできるラーメン屋さんで自分の好きなラーメンを食べることができた時

・春桜の花を見て綺麗だな。と感じている時

・お笑い番組を見て笑っている時

・温泉に入りゆっくり温まっている時

などが上げられます。

 

もう一つは

自分自身の個性や強みを生かして

意味のあることに打ち込むことで感じる幸せです。

 

例えば

・将来に役にたつための資格の勉強に打ち込んでいる時

・高校生が甲子園に出場を目標にして練習に打ち込んでいる時

・オーディションに向けて日々レッスンに取り組んでいる時

などが上げられます。

 

ヘドニアとユーダイモニア

最初の快楽の幸せは

「ヘドニア」

と呼ばれているものであり

初めは心地よく感じるのですが、

すぐに慣れてしまい、長続きしません。

 

何故ならば人間の欲望は限りがなく、

より大きな刺激を求めてしまうからなのです。

言い換えると「快楽の順応」が起きてしまうのです。

 

快楽の順応が起きのめり込んでしまうと、

中毒や依存症になるきっかけになるので

逆効果となってしまうので注意が必要です。

 

ただ人が生きていくためには必要な幸せでもあります。

例えばこの一年頑張った自分に高価なブランド品のバッグを買う

ことは、

「また一年がんばるぞ!」

というモチベーションに繋がりますよね。

 

もう一つの幸せは

「ユーダイモニア」

と呼ばれるもので

強みを生かして意味のあることに

打ち込むことで感じる幸せです。

 

もしかしたらあなたは「これって本当に幸せ?」

と感じとられる部分もあるかもしれません。

 

確かに、厳しいトレーニングなどで

苦労や困難も伴いストレスが溜まることもあるかもしれません。

 

ですが自分自身がそれらに頑張っている時は

時間が早く過ぎると感じませんか?

 

人間は意義のあることに打ち込むと

比較的長く幸福感が続くと言われています。

日本語で一言で言うと「生きがい」になります。

 

自分の本当にやりたいこと、

自分が生き生きとしてできること。

それらは生きがいになりますよね。

それが仕事ならば間違いなく幸せを感じると思います。

 

ヘドニアとユーダイモニアはどちらも必要なのです。

バランスよく活用し、幸せになり、そして成功しましょうね。

 

まとめ

成功するから幸せになるのではなく、幸せだから成功するのです。

幸せには大きく分けて2つあります。

 

それは快楽の幸せと自分自身の個性や強みを生かして

意味のあることに打ち込むことで感じる幸せです。

 

快楽の幸せはヘドニアと呼ばれるものであり

一時的には良いと感じますが長続きはしない。

のめり込むと中毒や依存症になり逆効果になることもある。

 

もう一つの幸せは「ユーダイモニア」と呼ばれるもので

強みを生かして意味のあることに打ち込むことで感じる幸せ。

 

ユーダイモニアは苦労や困難を伴うこともあるが

比較的長く幸せを感じる。

ヘドニアとユーダイモニアはどちらも必要。

バランスよく活用し幸せになり成功しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です